「着付け技能士」(受検申請受付窓口)

「着付け技能士」概要
 
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。 
 技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、様々な技能の領域で、合格者は平成21年度までに335万人を超え、公的で確かな技能の証として評価されています。 
 
 平成21年10月15日付けの政令改正により「着付け」が新たに技能検定試験の対象職種となりました。試験は、一般社団法人全日本着付け技能センターが厚生労働大臣から指定を受けて実施いたします。当協会は、神奈川県の受験申請窓口となっております。


(目的)
 他装(他人に着物を着付ける業務)に係る技能の向上及び他装業務に従事する者の経済的社会的地位の向上を図るとともに、消費者が選択する際の指標を示し、消費者利益の擁護に資することで、着付け技能の振興、発展に寄与することを目的としています。
 あくまで、他装ですので、業務として着付けを行う技能を対象としています。


(試験)
この試験は、着付けに関する知識と技能を評価するもので、学科試験と実技試験が行われ、合格者には等級に応じて「1級着付け技能士」「2級着付け技能士」の称号が付与されます。


(技能士資格)
 技能検定の合格者には、厚生労働大臣名(1級)または一般社団法人全日本着付け技能センターの理事長名(2級)の合格証書が交付され、技能士と称することができます。



(試験の実施状況)
 第1回目の試験は、平成22年7月13日に学科試験が、また実技試験は、10月1日から、12月24日の期間、全国の会場で順次行われました。1月25日以降に合格発表が行われ、初の「着付け技能士」が誕生しました。以降毎年実施されています。


(日本きもの着付士協会) 
 日本きもの着付士協会は、厚生労働省より認定された、社内検定制度の実施機関(厚生労働省 社内検定制度)であり、また、神奈川県認定の職業訓練校、「日本きもの着付士研修校」では、主に着付けのプロを目指す方々を中心に、手結びの着付けの指導、指導員の育成を行ってまいりました。



全日本着付け技能センター
 「着付け技能士」の技能試験については、一般社団法人全日本着付け技能センターの会員として、受験窓口として実施推進のための活動をしております。 


(試験日程)
 平成29年度は学科試験は6月13日に、実技試験は平成29年9月11日から12月13日の間に実施され、平成30年1月31日以降に合格発表されます。

 当協会は、会員の資格取得を積極的に図っております。神奈川県窓口である当協会の事務局、全日本着付け技能センターまでお問い合わせください。
当協会で受験申請の受付も行います。

平成29年度の試験概要は以下のようです。 試験内容は、「全日本着付け技能センター」より詳細発表されています。


学科試験資格

(単位:実務経験年数※1)
受検対象者 (※2)学科試験の受検に必要な実務経験年数
1級2級
実務経験のみ51
(2級合格者)
2
専門高校卒業40
大学・短大・高校専攻科卒業30
専修学校又は
各種学校卒業
800時間以上40
1600時間以上30
3200時間以上20
短期課程の
普通職業訓練修了
700時間以上40
普通課程の
普通職業訓練修了
2800時間未満30
2800時間以上20
美容師免許取得20

※1:
実務経験とは、他装又は着付け指導の業務に携わった経験をいう。また、実務経験年数は、受検対象者欄に掲げる卒業、修了又は免許取得の後の実務経験の年数をいう。

※2:着付け職種に関する学科又は訓練科(美容科、着付け科、和裁科、被服科等)に限る。

実技試験資格


  • 同級又は上位級の学科試験の合格者
    (学科試験に合格した日の翌日から起算して、2年を経過する日の属する年度の末日までに行われる実技試験を受検する場合に限る。)
  • 同級又は上位級の学科試験の免除者

平成29年度試験概要

学科試験
1.実施日
平成29年6月13日(火)
2.試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
3.試験科目と範囲
(社)全日本着付け技能センターのHPの「試験科目と範囲」を参照。
出題方式 … 記述、選択、択一方式
合否基準 … 1級70点以上、2級60点以上(いずれも100点満点)
4.受検申請書の頒布
技能センターのホームページからダウンロードができます。
当協会で受け付けいたします。
5.受付期間
3月2日~5月11日(消印有効 )
6.受検料 1級・2級とも 8900円
7.試験結果発表
1級・2級とも 7月11日

Ⅱ.実技試験
1.実施日
平成29年9月11日~12月13日
2.試験会場
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、、福岡ほか (追加のある場合はHPで告知)
3.試験種別
着付け職種技能検定 実技試験 1級、2級
4.試験問題、試験時間 及び合格基準
(1)実技試験問題は7月11日に全日本着付け技能センターのHPで公表。 
(2)試験時間 2時間30分~3時間程度
(3)合格基準 1級70点以上(100点満点)  2級60点以上(100点満点)
5.受検申請書の頒布
全日本着付け技能センターのホームページで受検案内1、受検案内2申請書表、申請書裏、ダウンロードできます。当協会で申請受付けいたします。
6.受付期間
7月12日~8月3日消印有効
7.受検料
1級 18500円   2級 16700円

8.試験結果発表
平成30年1月31日以降



にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
にほんブログ村
着付けブログ・ランキングに参加しています